猫の必要な栄養

猫が餌を持つ猫は基本的に肉食ですので、お肉中心の動物性タンパク質が必要な栄養となります。もちろんお肉だけでなくお魚も好きですので、新鮮なお肉やお魚がメインのキャットフードが好ましいと言えます。しかし気をつけなければいけないポイントもあります。まず肉食動物だからといって生肉を与えるのはやめましょう。生肉の場合は寄生虫や隠れた骨などの危険がありますので、猫に与えるのに適していません。また肉は肉でも人間が食べるように加工されたり調理されたり味付けされたものもあげてはいけません。これは単純に塩分が強すぎてしまうので猫にあげるべきではないということです。

時々同じ肉食系なのだからとドッグフードを猫にあげてしまう人もいますが、これも避けたほうがいいです。もちろん一回ドッグフードをあげたからといってすぐに猫が病気になるわけではないですが、猫と犬では必要とされる栄養素が全然違ってくるので、ドッグフードを食べさせていると猫は栄養が不足してしまうでしょう。やはりきちんと猫のことを考えて作られたキャットフードがおすすめです。その中でも穀物が不使用のグレインフリーのキャットフードが最適でしょう。穀物が多すぎると消化不良に陥る可能性もあります。