安ければいい?

猫と餌猫のエサ代も家計に響くと考えて、なるべく安いキャットフードを選んでしまう方もいるかもしれませんが、安いものの中には猫の健康を害するような質の低いものも紛れている可能性がありますので、原材料を含めてしっかりと確認する必要があります。原材料の中に肉は肉でも「副産物」などの表示があれば避けたほうがよいでしょう。質の悪いお肉を使用している可能性があるので、与え続けると猫の体調に悪影響を及ぼす可能性もあります。そして添加物の使用に関してもしっかりとチェックしましょう。塩や着色料、香料を多分に含んでいるものは避けたほうが賢明でしょう。

ペットフードの世界でも海外からの輸入品というものがあります。正規販売店が輸入したものは保管状況も良く大量に輸入しているものですが、正規ではないルートでの個人輸入などの場合は保管状況が良くなかったりと品質が良い状態で維持されているかあやしいものもありますので注意が必要です。こう考えると愛猫の健康を守るためにはさまざまな部分まで意識をする必要があります。穀物不使用のキャットフード、高タンパク質のエサを中心に選んでいきましょう。ちなみに、キャットフード販売サイト≪ジャガー≫では、動物性タンパク質が80%以上含まれています。あとはそれぞれの子の好みを把握しておいしく食べてくれるものを見つけましょう。